funny-roo’s diary

うちの子、パペットDたんをぺろぺろしながらBIGBANG完全体復活を夢想している私の今日この頃。

医師と言う名の密売人


ピエール瀧の背後に石野卓球がついているように、私にも「薬」なんて大したことじゃないとでも言うかのように背中を支えてくれるソウルメイトがいるだろうか?


…いる。
親友のけいりちゃんなら。
「薬」の一つや二つ「どーってことないよね?」って笑い飛ばしてくれる…ハズ…。


いやあ、もう、なんだか私の世界が荒廃してしまいそうで。


f:id:funny-roo:20190408172146j:plain



実は私に「ヤク」を勧めてくる輩がいましてね。

『ソレを飲めばもう不安なことなんてどっかに行っちゃいますよ。大丈夫、飲んで2週間くらいはもしかしたら吐き気がするかもしれないけれど、慣れたらどーってことないですから。もう人生楽しく生きなきゃ損だし、一日一回、そうだな、夕食後がいいでしょう、飲んでみませんか?抗うつ薬を』

って、合法的に脳に作用する「ヤク」を私に勧めてくる輩がいるんですよ。
医師と言う名の密売人が。
これ以上、薬に頼るのは止めにしたいのに。
私、うつ病でもないのに。


なんで医師がそう言って薬を勧めてくるかと言うと、たぶん、外出するたびに不安に駆られて具合が悪くなるって私が言うからなんですけれどね。
だってさ、けいりちゃんとのランチでさえ事前に頓服薬を飲まないでは普通でいられないカラダだから正直にそれを報告してるだけなんですよ。
そうしたら、それに効く薬がある、と。


でも、私、お出かけすることもそんなにない生活をしているから。
ほぼほぼ引きこもりの穏やかで平和な生活をしているから、毎日抗うつ薬を飲む必要なんてないと思うんです。
お家で過ごす分には今処方されている向精神薬だけで充分足りてると思うんですよね。
でも、先生的には引きこもりを解消したい、と。
いや、私、おうち大好きですから、毎日お出かけしなくても全然平気ですから。って内心思ってるんですけれどね。
とりあえず、GWが来るから新しい薬は試せない。なんかあっても病院が休みだったら対処してもらえない。っていう理由で抗うつ薬は一旦パスできたんですけど。
でも、次の診察日にまた「ヤク」を勧めてくるんだろうなあ…。
怖えー。


精神科医ってさ、なんでも薬に頼って人を薬漬けにする傾向ありません?
って、精神科に通うような病気の人はこんなくだらないブログを読んでやるって言う心の余裕もないとは思うんですけど。
精神のお薬ってね、一旦飲んだらなかなか止められないものなワケですよ。
コカインと一緒よ。
合法か非合法かってくらいの差しかないと思うワケ。
20代からコカイン止められないでいるピエール瀧と30代から向精神薬飲まされ続けている私と、どこが違うの?って話。


あー、ほんと嫌なんだけど。
ほんとにほんとに嫌なんだけど、来月の中旬辺りには夕食後に抗うつ薬を飲んでいる自分の姿が目に浮かぶわ。
どっぷりヤク中。
ピエール瀧もさ、絶対コカインとはおさらばできないと思うよ。